パニックホラー漫画から学ぶクマの恐ろしさ【シャトゥーン】

エンタメ

どうも、黒ふりです!

 

ホラー作品はお好きですか??

 

私は好きではありませんが、見たくなってしまいます。

人が食べられてしまうゾンビ映画や、怪奇現象、超常現象などが起こるホラー作品には、一種の怖いもの見たさがあります。

“ついつい見ちゃう”って感じですね。

小さな頃から、ゾンビ映画で言えば『バイオハザード』、
怪奇現象が起こる作品なら『チャイルド・プレイ』などをよく見ていました。

しかし、今回紹介するのは、ゾンビや怪奇現象などではありません。
ヒグマの恐ろしさを描いたリアルなパニックホラー漫画です。

ホラー作品をついつい見てしまう私が、本屋さんでたまたま見つけて購読したという経緯です。
また、全3巻と非常に読みやすい。

怖い作品が好きな人や、怖い作品を見たい方にはオススメです。
逆に、グロテスクな表現が苦手という方にはオススメしません。

“シャトゥーン”
それは冬眠に失敗し、飢えて雪山を徘徊する凶暴なヒグマ。
零下40度の閉ざされた大森林で、地上最大最強の肉食獣による圧倒的な暴威に
なすすべも無い人間達‥…
最悪の惨劇が幕を開ける!!
引用元-シャトゥーン1巻より

作品の感想を一言でまとめるならば、『クマが怖すぎる』です。

どう怖いかというと、見た目や人間を襲うシーンももちろんですが、
人間の考えや行動を先回りした頭の良さが最も怖いのです。

今回は、作品の簡単な概要と、シャトゥーンの特徴をまとめてみました。
※ちなみに結末などのネタバレは含みませんので、ご安心ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シャトゥーン-物語の舞台と登場人物、内容をざっくりと

舞台は動物の観測が行われている北海道大学の天塩研究小屋。

大晦日の今日、その小さな山小屋に動物学の研究者仲間が集まり、年末年始を過ごそうとしていました。

登場人物は下記です!

・土佐 薫…主人公、報道記者。元研究員。
・土佐 美々…薫の娘。

・土佐 昭…薫の弟、研究者。

・瀬戸 祐介…薫の後輩記者。

・小野眞伊子…動物学研究者。お腹にエスとの赤ちゃんがいる。

・エス…動物学研究者。小野眞伊子の夫。

・西…密猟者。

 正確に言えば、もう少し人物はいますが、主要人物はこんな感じ。

皆で楽しい年末年始を過ごすはずでした。

しかし、そこにシャトゥーンが現れてしまいます。

黒ふり
黒ふり

シャトゥーンとは、冬ごもりに失敗して、餌を求めて雪山を徘徊するクマのこと。お腹が空いているからめちゃくちゃ凶暴なんです…。

ざっくりストーリーと状況を説明すると…

大晦日の超寒い北海道の山小屋で、

『携帯の電波は入らない』
『移動手段は吹雪の中を歩くしかない』
『いつシャトゥーンが襲ってくるか分からない』

という状況からの脱出になります。
スポンサーリンク

クマと遭遇したら戦うor逃げる?

物語の会話の中で、クマに遭遇したら、
『戦うのと逃げるのはどちらかが正解なのか』という議論が展開されます。

結論は戦うしかありません

①クマの走る速度は100mを6~7秒程

人間の100m走の世界記録は9秒58です。
確実に追いつかれてやられてしまいます。

②クマは爪を使って木を登れる。

木など、高いところに逃げるのも捕まるのでアウトですね。

③死んだフリをする。

作中でも死んだフリをする登場人物がいますが、失敗に終わります。
ただ、薫(主人公)の学生時代の学びから
『一度人間の味を覚えたヒグマは絶対に射殺しなければならない』という言葉があるので、一度も人間を食べたことがないクマには通用するのかも?
しかし、危険すぎる気もしますよね。

結論、クマと遭遇してしまったら戦うしかありません。

スポンサーリンク

クマの戦闘力、力と知能と防御力

前述した走る速度に加え、クマの力と知能は凄まじいのです。

素手では愚か、武器を持っていても倒すのは容易ではなさそうです。

クマの”力”

作中では窓ガラスやシャッターを壊すだけでなく、鉄の扉まで破ってしまいます

腕力だけでなく、自分の大きな身体を使って突進されたらあらゆるものを破壊できそうですね…。

また、クマのパンチはライオンやトラの首も一撃でへし折ることができるのだとか。

クマの”知能”

クマは止め足という自分の足跡を分からなくさせる罠を使ってきます。(作中でも使用)

止め足で人間の目をくらませ、隙を見て背後から突然襲ってくるのです。

クマの”防御力”

『戦うか、逃げるかの議論』にも出てきましたが、仮にクマと戦うとしましょう。
しかし、熊の皮膚は固く、ナイフなどの刃物を持ってしても攻撃をはじかれてしまいます。
また、銃を使っても急所を捉えられなければ絶命させることはできません。
スポンサーリンク

パニックホラー漫画シャトゥーンからクマの恐ろしさを学べ!

今回はパニックホラー漫画『シャトゥーン』の概要とクマの戦闘力について書きました。

『最終的に薫を含む登場人物達は助かることができるのか』
『クマと遭遇した場合、人間はどう対処するのか』

クマvs人間の心理戦を描いた作品になっています。

ホラー作品が好きな方は是非読んでみてください。

個人的にはクマの対処法を知るというよりは、クマの脅威について知ることが重要な気がします。

知らないということは罪なのかもしれません。

黒ふり
黒ふり

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!
黒ふりのTwitter、Instagramもフォロー宜しくお願いします!

それではまた!!

 

黒ふりのTwitter

黒ふりのInstagram

コメント

タイトルとURLをコピーしました